--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/11/26(月)19:50

エイズ対策、“他人ごと”意識がネック 岐阜で「コンドームの達人」講演 中日新聞

 12月1日の世界エイズデーを前に岐阜市と県“人間と性”教育研究協議会などが25日、岐阜市薮田南の県民ふれあい会館で啓発イベントを開催。岩室紳也地域医療振興協会ヘルスプロモーション研究センター長が講演し「20歳で感染して30歳で死ぬ患者がいる。悔しい」と述べ、エイズの啓発活動で感情に訴える必要性を説いた。

 「コンドームの達人」を自認する岩室氏は、看護師など医療関係者の感染者もいるとして「実際に感染者と接しないと、なかなか(エイズの身近さを)実感できない。分かっていても行動を変えるのは難しい」と、人ごと意識がネックだと指摘した。

 10代の人工妊娠中絶件数やコンドームの出荷量が減少している現状について「特に若い男がセックスをしなくなっていることが一因。傷つきたくないと、2次元の世界にとどまっている」と分析。性教育を進める上でもコミュニケーション能力の乏しい「関係性の喪失」が最大の課題だと訴えた。

「コンドームの達人」に欠けている視点が3つある。

1,中絶が減るのは良いことじゃないか。
2,そもそも少子化で子供は減っているから、中絶・コンドーム出荷量が減るのは当たり前。
3,なんでも二次元オタのせいにするな。

Written by Qwerty



サガミオリジナル 002 12個入り
サガミ
おすすめ度の平均: 4.0
4 製品は良いが・・・サイズと装着に難あり
4 まぁまぁ
5 ゴムではないコンドーム。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://otakulog.blog122.fc2.com/tb.php/118-eca0e562
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。